[Letra] Ame to Muchi

Prussia: "ORA ORAA! Kyou mo hajimatta zee!?
Ore-sama niyoru ore-sama no tame no kayou shou!
Odoru PUROISEN!
Kyou no GESUTO wa omachika ne!
Gozonji, gokkan no TORABURU MEEKAA
... Atto, dotakyan wa nashida ze?
UKURAINA to BERARUSHI de, uta wa Ame to Mushi!"

Ukr&Bel: YA tebya lyublyu (x3)
Ukraine: Suki yo, suki suki, daisuki
Ukr&Bel: YA tebya lyublyu (x3)
Belarus: Kekkon, kekkon, kekkon suru no!
Ukr&Bel: Ai wa amakute itai no yo dotchi ga kakete mo monotarinai

Ukraine: Vibachte
Daijoubu nani mo shinpai shinaide ne
Kitto umaku iku wa watashi-tachi mata tasukeaeru
Belarus: Vinshuyu
Ureshii wa kyou wa futari no kinen ni ne
Kitto umaku iku wa jama suru yatsu wa norou mono
Norou mono norou mono

Ukr&Bel: YA tebya lyublyu (x3)
Ukraine: Sore mo kureru no? Arigatou~!
Ukr&Bel: YA tebya lyublyu (x3)
Belarus: Kimete, kimete, watashi ni kime te!
Ukr&Bel: Ai ni izon wa biyakuda wa, hora mou hanare rarenai sadame

Ukraine: "Hitori bocchide kogoe-souna yoru,
Fubuki ni tatazumu sono sugata, itsumo omotteta
Kitto mukae ni kite kurerutte. Shinjite ta."
Belarus: "Mousugu ame ga yuki ni kawaru
Utsukushii yuki no kesshou ga marude RAISU SHAWAA no you ni shukufuku suru no.
Isshou tsuiteiku tte, chikaimasu."

Ukraine: Nee ROSHIA-chan, oboete teru?
Issho ni irareta ano yasashii hibi
Mune ga atsuku naru no tayori ni naru jiman no otouto
Belarus: Nee niisan, wakatteru?
Uso ni nanka yurusanai wa zettai
Mune ga atsuku naru no dare wo moyasu honoo kashira?
Honoo kashira? honoo kashira?

Ukr&Bel: Ne moroz menya (x3)
Ukraine: Hayaku dakishime aitai
Ukr&Bel: Ne moroz menya (x3)
Belarus: Daite, daite, dakishimete yo
Ukr&Bel: Ai ga binetsu ja shin jau no motto tsuyoku aishite hoshii

Belarus: "... Niisan...?
Naze sugu ni chouin shite kurenai no?
Dare to chouin shiyou to shite iru no?
...Omae ka...
Omae ka... Oooomae no seikaaaaa!
Yurusanai! Yurusanai!! Yurusanai!!!"
Ukraine: "Miryoku-tekina oneechan de gomen ne~?"

Belarus: Sono PECHIKA de nietagiruga ii
Nante ichikoro de atatakakute tadashii seisai
Ukraine: Sono PECHIKA de PAN wo yakimashou
Nante shiawasede atatakakute tayasui ibukuro
Ukr&Bel: Saa, hitotsu ni narimashou (narimashou narimashou)

Ukr&Bel: YA tebya lyublyu (x3)
Ukraine: Suki yo, suki suki, daisuki
Ukr&Bel: Ne moroz menya (x3)
Belarus: Kekkon, kekkon, sore shika nai wa
Ukr&Bel: Ai wa amakute itai no yo
Ukraine: Sono karada ni oshiete ageru
Belarus: Sono karada ni (kizande) ageru
Ukr&Bel: Hora, mou hanare rarenai sadame

-------------------------------------------------------------

普「オラオラァ!!! 今日も始まったぜぇ!?
  俺様による俺様のための歌謡ショー!
  踊る(?)プロイセン! 
  今日のゲストはお待ちかね!
  ご存じ、極寒のトラブルメーカーァ
  ・・・おっと、ドタキャンはなしだぜ?
  ウクライナとベラルーシで、歌は『アメとムチ』! 」

宇辺:Я тебя люблю.(ヤー チェバー リュブリュー:私はあなたを愛しています)
   Я тебя люблю.
   Я тебя люблю.
宇:すきよ、すきすき、だ~いすき、
辺:結婚、結婚、結婚するの!
宇辺:愛は甘くて痛いのよ どっちが欠けてももの た り な い

宇:Вибачте.(ヴィーパチュテ:申し訳ありません)
大丈夫 何も心配しないでね
  きっとうまくいくわ わたし達また助け合える
辺:Вiншую.(ヴィンシューユ:おめでとうございます)
うれしいわ 今日は二人の記念ね
  きっとうまくいくわ 邪魔するやつは呪うもの
  呪うもの 呪うもの

宇辺:Я тебя люблю.(ヤー チェバー リュブリュー)
   Я тебя люблю.
   Я тебя люблю.
宇:それもくれるの? ありがとう~!
宇辺:Я тебя люблю.(ヤー チェバー リュブリュー)
   Я тебя люблю.
   Я тебя люблю.
辺:決めて、決めて、わたしに決めて!
宇辺:愛に依存は媚薬だわ ほら、もう離れられない運命(サダメ)

宇「ひとりぼっちで凍えそうな夜、
  吹雪に佇むその姿、いつも想ってた
  きっと迎えにきてくれるって。信じてた」
辺:「もうすぐ雨が雪に変わる 
   美しい雪の結晶がまるでライスシャワーのように祝福するの。
   一生ついて行くって、誓います。」

宇:ねぇロシアちゃん、覚えててる?
  一緒に居られたあの優しい日々
  胸が熱くなるの 頼りになる自慢の弟
辺:ねぇ兄さん、わかってる?
  よそ見なんか許さないわ絶対
  胸が熱くなるの 誰を燃やす炎かしら
  炎かしら 炎かしら

宇辺:Не морозь меня.(ニェー マロース ミニャー:私を凍結させないで)
Не морозь меня.
Не морозь меня.
宇:はやく抱きしめ合いたい
宇辺:Не морозь меня.
Не морозь меня.
Не морозь меня.
辺:抱いて、抱いて、抱きしめてよ
宇辺:愛が微熱じゃ死んじゃうの もっと強く愛してほしい
辺:「・・・兄さん・・・?
   なぜすぐに調印してくれないの?
   誰と調印しようとしているの・・・?
   ・・・お前か。
   お前か・・・おおおおまえのせいかああああ!!!
   許さない・・・!許さない・・・!許さない・・・!!!」
宇:「魅力的なお姉ちゃんでごめんね~?」

辺:そのペチカで 煮えたぎるがいい
  なんてイチコロで暖かくて正しい制裁
宇:そのペチカで パンをやきましょう
  なんて幸せで暖かくて容易い胃袋
宇辺:さあ、一つになりましょう
    (なりましょう・・・なりましょう・・・)

宇辺:Я тебя люблю.(ヤー チェバー リュブリュー)
   Я тебя люблю.
   Я тебя люблю.
宇:すきよ、すきすき、だ~いすき
宇辺:Не морозь меня.(ニェー マロース ミニャー)
Не морозь меня.
Не морозь меня.
辺:結婚、結婚、それしかないわ
宇辺:愛は甘くて痛いのよ
宇:(その体に教えてあげる)
辺:(その身体に刻んであげる)
宇辺:ほら、もう離れられない運命(サダメ)

[Letra] Aisurando yori Ai o Komete

Iceland: "Nani, kitai shite n no?"

AISURANDO
Chou samui tte omotteru desho?
Kimi ga omotteru hodo janai
Sore yori ii toko takusan aru
Natsu wa byakuya fuyu wa OURORA
Chian no yo-sa wa TOPPUKURASU
Gohan datte oishii chikaku no ano kuni to wa chigatte ne

Puffin: Oh oh! (Ice: "Eh, chotto") Ichiban daijina koto wasurete nee kaa? (Ice: "Yamete yo...")

MASUKOTTO-teki! Chou ka ai sugi! Umi no PIERO! Ore PAFIN!
CHIDORI me UMISUZUME ka TSUNOMEDORI zoku
Nani ga sugeette PENGIN ni ni teru toka iwa rerukedo
Kochira tora sora tonja unda zeee!
Saa, KAAPPURU ni narou ze!

Iceland: "Minna, iyagatteru no yo?"
Puffin: "N nakotaa, needaro~"

Both: Issho ni nomou BURENIVUIN
Issho ni nyuurou BURUURAGUUN (Ice: "Nani, kitai shite n no?")

Iceland: Kazan to hyouga to onsen no kuni
Both: Velkominn! AISURANDO

Iceland: "Ookina tairiku kara hanare teta sei mo atte ka
AISURANDO-go wa ichi sen-nen o koete kawaranai nda yo ne..."
Puffin: "So ieba o mee no senzo shirabetara,
Ano sugee namatteru yatsuto kyoudai datta nda yo nona!"
Iceland: "Yamete. Boku wa motto kou densetsu no genjuumin no shison toka ga yokatta"
Puffin: "Haha, sou wa itte mo o mettachi yoku ni teru ze. GORUAAAA!!"

Iceland: AISURANDO ga notte iru
Kankou GAIDO motto fuyashite
Kimi ga shiranai ookina chikyuu
Takusan misete agetainoni
SHINKUVUETORIRU chikyuu no wareme
Ougon no taki GUTORUFOSU
SUTOROKKURU no kanketsusen MAGUMA ga kokyuu suru

Puffin: Oh oh, yappari makashi teran nee naa? (Ice: "Nani?")
Akai RIBON ga chou ka ai sugi! Deban yokose ore PAFIN PAFIN

Nuigurumi MAGUNETTO ni mo natteru o miyage ni dozo!
Chiisana shuudou-shi toka iwa re terukedo
Kochira tora ten'nen kinen butsuna nda ze~eee!
Umi datte oyoija ushi-gyo eru n datte chou! Chou takumi i nda ze
MONOTON wa no wa BODI mo azayakana kuchibashi ga shi yare ottsuu!
Saa, koronii tsukurou ze! (Ice: "Zettai iya")

Both: Issho ni tabeyou RIKORISU
Issho ni mawarou GOURUDENSAAKURU (Ice: "Boku, an'nai suru.")
Iceland: Kazan to hyouga to onsen no kuni
Both: Velkominn! AISURANDO
Velkominn! AISURANDO

Lalalalalalalala.....

Iceland: "Boku, ima made jibun de fushigi to mo omette na katta ndakedo,
Sekai no hito-tachi ni wa namae no hoka ni myouji tte iu no ga arurashii"
Puffin: "Oh oh! 'Kawaii' PAFIN mitaina kanji ka?"
Iceland: "Chigau to omou..."
Puffin: "Oh, jaa... 'Idakitai tori' PAFIN ka?"
Iceland: "Chigau. Urusai. Damatte."
Puffin: "Jaa... 'Kondo DETO shiyou zee!' PAFIN dana?"
Iceland: "Aa... Nanka mou iroiro chigau...
Haa... Koshi toka yubi toka itaishi
N? Are chotto hito, fuete kita?"
Puffin: "Nna! Ore ga chou kawaii kara ni kimatte ndaro! Na?"
Iceland: "Doui motomenaide. Nante iu ka...
PUROISEN no kata ni notteruno no hou ga..."
Puffin: "Ndato!
Ome wa sunaoja nee naa! Ore no hou ga 100 chou-bai kawaii darou ga koraa!"
Iceland: "Sou...?
Demo, kankou kyaku fueta ... Rakki~♪"

Lalalalalalalala...

--------------------------------------------------

氷:「何、期待してんの?」
氷:アイスランド
  超寒いっておもってるでしょ?
  キミが想ってるほどじゃない
  それより いいとこ たくさんある
  夏は白夜 冬はオーロラ
  治安のよさはトップクラス
  ご飯だって美味しい 近くのあの国とは違ってね
鳥:おうおう!(愛「えっ・・・ちょっと…」) 一番大事なこと忘れてねぇかぁ?(愛「やめてよ…」)
  マスコット的!超可愛すぎ!海のピエロ! 俺パ・フィ・ン!
  チドリ目 ウミスズメ科 ツノメドリ属 
  何がすげぇって ペンギンに似てるとか言われるけど 
  こちらとら 空飛んじゃうんだゼェエ!
  さぁ カップルになろうぜ!
氷:「皆、嫌がってるよ?」
氷:「んなこたぁ ねぇだろ~」

氷鳥:一緒に飲もう ブレニヴィン
   一緒に入ろう ブルーラグーン (「何、期待してんの?」)
 氷:火山と氷河と温泉の国 
 氷鳥: Velkominn!(ウェルカミン) アイスランド
 
氷:「大きな大陸から離れてたせいもあってか
   アイスランド語は一千年を超えて変わらないんだよね・・」
鳥:「そいえばおめぇの先祖調べたら、
   あのすげぇなまってるやつと兄弟だったんだよな!」
氷:「やめて。僕はもっとこう・・・伝説の原住民の子孫とかがよかった」
鳥:「ハハ そうは言ってもおめぇ達よく似てるぜ。 ゴルァアア」
氷:アイスランドが載っている
  観光ガイド もっと増やして
  君が知らない大きな地球
  たくさん 見せて あげたいのに
  シンクヴェトリル 地球の割れ目
  黄金の滝 グトルフォス 
  ストロックルの 間欠泉 マグマが呼吸する

鳥:おうおう やっぱり任してらんねぇ~なぁ~?  (愛「・・・何?」)
  赤いリボンが 超可愛すぎ!出番寄こせ 俺 パ・フィ・ン  パ・フィ・ン
  ぬいぐるみ マグネットにもなってる お土産にどうぞー!!!
  小さな修道士とか言われてるけど 
  こちらとら 天然記念物なんだゼェエエ!
  海だって泳いじゃうし 魚獲るンだって超!超巧いンだぜ
  モノトーンのボディも鮮やかなくちばしがしゃれおっつう!
  さぁ コロニー作ろうぜ!
氷鳥:一緒に食べよう リコリス
   一緒に回ろう ゴールデンサークル (愛:「僕、案内する。」)
 氷: 火山と氷河と温泉の国 Velkominn!(ウェルカミン)
   アイスランド
 
   Velkominn!  アイスランド
lalalalalallalala.....
  
氷:「僕、今まで自分で不思議とも思ってなかったんだけど、
   世界の人たちには名前の他に苗字って言うのがあるらしい・・・」
鳥:「おうおう 「かわいい」パフィン みたいな感じか?」
氷:「違うと思う・・・」
鳥:「おう じゃあ 「抱きたい鳥」パフィン か?」
氷:「違う。煩い。黙って。」
鳥:「じゃぁ・・・ 「今度デートしようぜぇ!」パフィン だな?」
氷:「あー・・・ なんかもう色々違う・・・
   はぁ… 腰とか指とか痛いし
  ん? あれ ちょっと人、増えてきた?」
鳥:「んあー!俺が超かわいいからに決まってんだろ!な?」
氷:「同意求めないで。なんて言うか・・・・
   プロイセンの肩にのってるのの方が・・・・」
鳥「んだとぉ!?
  おめぇはー素直じゃねーなー!俺の方が100兆倍可愛いだろうがコラァ!」
氷:「そう・・・?
   でも、観光客増えた・・・らっきー♪」
lalalalalalalala.....